池袋の中国東北料理店で海鮮豆腐チゲのランチにハマる

こんにちは。当サイトの管理人・マックです。
いつも私のサイトへご訪問頂きありがとうございます。

今回は私のお気に入りのランチ「海鮮豆腐チゲ」のランチのご紹介です。

最後までお読みいただけますとうれしいです。

スポンサーリンク

1.池袋の中国東北料理店で海鮮豆腐チゲのランチにハマる

私がよくランチを食べに行く中華料理店に中国東北料理の店「千里香」があります。

このお店の「海鮮豆腐チゲ」は、1回食べたらその味にはまり、それから週1回は食べに行くようになりました。

この「海鮮豆腐チゲ」は韓国料理のスンドゥブチゲもしくは純豆腐チゲと同じくチゲスープベースでたっぷりの豆腐、はまぐり、チンゲン菜、イカ、小エビが具として入っています。

ピリ辛のチゲスープが食欲をそそってくれ、体も温まり、この寒い時期にはぴったりです。

たまに店員さんが私に「辛すぎない?」と聞いてくることもあり、日本人の私に合うように辛さを抑えてくれているようです。

胃弱の私はあまりこってりしたスープを飲むと胃がケイレンを起こすので、こってりしたスープなどはまず飲みません。

しかし、このチゲスープは薄味で、胃弱の私でも飲むことができます。

当初は入り口のメニューにある「スンドゥブチゲ」を注文していたのですが、卵が入っていて、卵の食べれない私はいつも「卵抜いて」と頼んで卵を抜いてもらっていました。

そんな卵の食べれない私がいつも卵入りのスンドゥブチゲを注文してくるのを見かねたお店が、卵なしのバージョンとして「海鮮豆腐チゲ」をランチメニューに組み入れてくれたようです。

スンドゥブチゲ」は税込み880円でミール貝なども具として入っていたのですが、「海鮮豆腐チゲ」は税込み780円で100円ほど安くなっているので満足しています。

他の韓国料理店などでは「スンドゥブチゲ」をワンコインランチとして販売しているケースもありますが、たいてい具が貧弱で食べた後に満足感は得られません。

先日近くの韓国焼肉店のランチメニューに「スン豆腐チゲ定食」が900円とあったので、新規開拓と思い食べてみましたが、まんまと外れでした。

具がおそまつで、900円という値段からしてみたら外れもいいとこで、私は怒りすら覚えたほどです。

それに比べると「千里香」の「海鮮豆腐チゲ」は具もしっかりしていて満足のいく料理となっています。

ただ、チゲスープの薄味は人によっては物足らなく、もっと濃いスープを好む人も多いかもしれません。

他にも美味しそうなランチがあるのですが、私はバカの一覚えみたいに、この「海鮮豆腐チゲ」しか食べたことがありません。

「千里香」の「香」は、中国語では「料理の味が美味しい」の意味があり、中華料理のお店の名前には、よく使われます。

「千里香」は「美味しい味が千里まで伝わる」という意味でしょうか。

「千里香」は、四川料理と東北料理の店となっているのですが、東北料理は四川料理に比べて日本ではあまり馴染がありません。

東北料理は、遼寧省、吉林省、黒龍江省などの中国東北地方の料理で、野菜、デンプン、豚肉をたっぷり使い、どちらかというと味付けが濃く脂っこい料理を指します。

しかし最近では中国でも健康志向から、東北料理も薄い醤油ダレと少なめの油で炒めた料理が増えてきているようです。

ふだんこの「千里香」のお客さんは中国人客がほとんどで、日本人客はたまにしか来ません。

ところが今日は珍しく日本人客が2テーブルで食事をしていました。

昨年には石原さとみさんが舞台の打ち上げか何かで来店したそうで、壁に色紙が貼られていました。何の縁で池袋のこの店に来たのか不思議です。

今日メニューを見ていたら、中国主食料理というカテゴリーに石焼ビビンバなどの韓国料理の定番料理がありましたので、中国主食料理と韓国料理はどう違うのか店員さんに尋ねてみました。

しかし私の質問がわからなかったのか、残念ながら納得のいく回答は得られませんでした。

この店の店員さんは皆中国人で日本語が達者ではなく、あまり込み入った会話は難しいようです。

同じ言語で十分なコミュニケーションができないというのは、どうしてももどかしさを感じてしまいますね。

でも天気が良い日には、食後にベランダに出て、西口の街並みを眼下に見渡すことができます。

向かって向こうに見えるのが丸井です。

7階なので気分爽快ですが、高所恐怖症の人にはおススメできません。

私はいつもベランダに出る時、大地震が起きないよう神に祈ってから出るようにしています。

あなたも「千里香」で美味しい「海鮮豆腐チゲ」を食べ、お腹が一杯になったら、おもむろにベランダに出て階下を歩く人々を見下ろし、ひと時の満足感に浸ってみてはどうでしょうか。

【店名】千里香

「海鮮豆腐チゲ」ランチは780円(税込み)。

【住所】東京都豊島区西池袋1丁目21−1 7階

【TEL】03-5992-8171

【アクセス】池袋駅西口より徒歩3分カラオケBigEchoの横

bty

最後までお読み頂きありがとうございました。

Let’ enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク