池袋西口でおススメの羊肉鍋はボリューム満点

こんにちは。当サイトの管理人・マックです。
いつも私のサイトへご訪問頂きありがとうございます。

今回は池袋西口の中華料理店「小吃居」の羊肉鍋のご紹介です。

最後までお読み頂けますとうれしいです。
スポンサーリンク

1.池袋西口でおススメの羊肉鍋はボリューム満点

昨日お昼に池袋西一番街を歩いていて「小吃居」という中華料理店の前で足が止まりました。
お店の前の看板には、「冬限定土鍋税込み780円から」と記載があります。

これは試しに食べてみる価値があるかもしれないと思い、お店のある2Fへ。

お店は中国人の夫婦が営んでいて、この日は雨で天候が悪かったせいもあってか、店内のお客さんは2組の中国人客のみ。

店内に入ると壁に立派な水墨画が飾ってあります。おそらく中国から取り寄せたのでしょう。

しばしランチメニューを見て、「羊肉砂鍋」(税込み880円)を注文することに。

ライスか刀削麺のどちらかを選べるのでライスにしました。

やはり初めてのお店はちょっと緊張して落ち着きません。

ボケーとしながら7,8分待つと、注文した「羊肉砂鍋」がテーブルに

まず羊肉を食べてみると、柔らかく思っていた程臭みがない上質の羊肉でした。

人によっては、ちょっと臭みがするほうが好まれるかもしれません。

スープは、白湯ベースの羊肉のエキスが凝縮されたような味がします。

具には、パクチー豆腐キクラゲ白菜しめじ春雨などが入っています。

肉の分量が多く、結構食べ応えがあります。

「羊肉砂鍋」の砂鍋とは、中国で使われている素焼き土鍋のことを指し、豆腐を砂鍋で炊いた煮込み料理のことを言うようです。

ちょっと水が飲みたいと思いましたが、運ばれて来ていません。

あたりを見渡すと、前のテーブルに水筒とコップが置いてあります。

お水はセルフサービスになっているんですね。

また珍しいことに、店内ではBGMをかけていませんでした。

BGMがないと活気が感じられず、ちょっとわびしい感じがしてしまいます。

BGMがないためか、となりの中国人客のスマホの音が良く聞こえてきます。

お肉の分量が多かったせいか、昨日は夜になってもお腹が空いてきませんでした。

ジンギスカンを食べるのに比べたら、コスパは最高で、お肉や具も美味しく、私的にはまた食べに来ても良いお店と思いました。

今表の看板の写真を見て気づいたのですが、ソフトドリンク付きでした。

残念なことに私は知らなくてソフトドリンクは飲み損ないました。

店の人は何も言ってこないし、まあ客まかせといえばそれまでですが、接客サービスはちょっと感心しません。

日本語が下手でも、せっかく食べに来たんだから教えてくれてもいいのに。

次回は必ずソフトドリンクを飲まなければと、固く心に誓いました。

【店舗情報】
【店名】 「小吃居」(シャオチージュ)

【住所】 東京都豊島区西池袋1丁目35−7

【TEL】  03-5944-9749

【アクセス】池袋駅西口もしくは北口より徒歩3分。池袋西一番街の左手のビル2F。入口にある写真に撮った看板が目印。

【関連記事】

この「小吃居」の上の3Fの中華料理店「39円串串鍋」の人気ランチのご紹介です。

最後までお読み頂きありがとうございました。
Let’s enjoy Ikebukuro!!
スポンサーリンク