池袋西口で熾烈なラーメン戦争勃発

こんにちは。当サイトの管理人・マックです。

いつも私のブログに訪問頂きありがとうございます。

今回は池袋西口で勃発したラーメン戦争についてのご紹介です。

最後までお読み頂けますとうれしいです。

スポンサーリンク

1.池袋西口で熾烈なラーメン戦争勃発

今池袋西口で熾烈なラーメン戦争が勃発しています。

もともと池袋はラーメン店の激戦区ですが、池袋駅から要町に向かうアゼリア通り沿いで、1月と2月で2店舗がオープンし、アゼリア通り沿いだけで合計8店舗のラーメン店がひしめく事態となっているのです。

因みに劇場通りには、長崎ちゃんぽんのリンガーハットを含めても4店舗しかありません。

今回アゼリア通り沿いにスポットを当て、ラーメン激戦区の覇権をかけて前線で戦っているラーメン店の様相をお伝えしたいと思います。

ちなみに私はラーメンはそんなに食べないので、味の評価はラーメン通の人に委ねたいと思います。その点はどうかご容赦を願います。

アゼリア通り沿いに店を構えるラーメン店は、要町に向かって右側が池袋駅近順に「横浜家系ラーメン 池袋商店」「油そば鈴の木」「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」「麺処 篠はら」「麺処 篠はら」の5店舗。

そして要町に向かって左側にあるのが、池袋駅近順に「ラーメン 豚山 池袋西口店」「つじ田」「ラーメン味来」の3店舗です。

そのうち最近オープンしたのは、右側の「油そば鈴の木」と左側にある「ラーメン 豚山 池袋西口店」の2店舗です。

それでは右側の店舗から順にご紹介していきたいと思います。

1.1 横浜家系ラーメン 池袋商店

まずは、アゼリア通り右手側で一番駅近にある「横浜家系ラーメン 池袋商店」です。

sdr

もうこの場所で長く営業していて、駅近という立地の良さと、道路側はテーブル席になっていてグループで一緒にラーメンを食べれるので、夜になるといつもお客さんで一杯になります。

骨太な豚骨の旨味が映える濃厚スープのラーメンでこってり濃厚な味わいが評判のお店です。

メニューは、豚骨醤油ラーメンが720円というお手頃価格で、他にもチャーシューメン(970円)、塩ネギラーメン(880円)、MAXラーメン(950円)、野菜ラーメン(870円)など。

サイドオーダーで小ネギチャ丼(280円)やギョウザ(290円)も注文できます。

チェーン店で池袋では、東池袋の旧東急ハンズの近くに2号店もあります。

1.2 油そば鈴の木

横浜家系ラーメン」のちょい先にある「油そば鈴の木」は、アゼリア通り右側に2月10日にオープンしました。

dav

埼玉から池袋に殴り込みをかけてきた店主の鈴木さん。

その油そばにかける情熱を知ると、その熱い想いに心打たれてしまいます。

今この界隈で一番注目を浴びているラーメン店ではないでしょうか。

キンキラキンの金色で染め上げた店内はまるで宮殿のようです。

メニューは、辛まぜそば(890円)、背脂醤油(780円)、(780円)、辛味噌(850円)、バジル(850円)といったラインナップ。

大盛りは100円増し。

辛味噌タレ、ネギ、玉ねぎ、フライドガーリック、チーズ、マヨネーズが入っている、あとをひく旨さの辛まぜそばが一押しとか。

営業時間は。11:00~23:00まで(L.Oは22:30)

1.3 なぜ蕎麦にラー油を入れるのか

次は「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」。

sdr

もとは「カレーは飲み物」と肩を並べて営業していましたが、ビル立て壊しに伴い、昨年10月に要町よりの新店舗に移転しました。

新店舗は旧店舗よりも大きくとても綺麗な内装になっています。

カレーは飲み物」と同じく、株式会社のみもののチェーン店なので、ジョイントして黒カレー肉そばなども提供しています。

因みに劇場通りにも、同じ名前の姉妹店が営業しています。

冷凍食品として自動販売機でも提供していますので、家で調理して食べることもできます。

sdr

1.4 中華そば 六感堂

なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」の4軒先にあるのが「中華そば 六感堂」。

dav

カウンター6席のみの小さいお店ですが、いつもお客さんが入っています。

営業時間は昼の部が11:30〜14:45、夜の部が18:00〜20:45。

早々と売切れ御免になっていることも多く、小さいながらも繁盛しています。

中華そばは、鶏ガラと煮干しのシンプルですが旨味たっぷりのスープにガツンとくる醤油味。

スープは真っ黒ですが、塩分はちょうど良く、やや細めの小麦感の強いストレートな麺がキレの良いスープの味を引き立たせます。

炙った焼豚は旨味の強い三元豚。

「これは旨い」と言って通が通う中華そば店となっています。

但しなぜか営業していない日も多いように見受けます。

メニューは、煮干しそば(950円)、背脂煮干しそば(950円)、中華そば(900円)、煮干し油そば(850円)というラインナップ。

1.5 麺処 篠はら

さらに要町に近く祥雲寺のすぐ手前にあるのが、「麺処 篠はら」。

dav

お昼時はいつも外に待ちができる人気で、このアゼリア通り沿いのラーメン店の中では一二を争う人気店と言えるのではないでしょうか。

芳醇な醤油の旨味の醤油そばと胡麻・辣油・花椒をミックスして坦々風に仕上げた胡麻辣あが看板メニュー。

特製醤油蕎麦(1200円)、味玉醤油そば(1,000円)、特製胡麻辣あ(1,300円)、味玉胡麻辣あ(1,100円)、胡麻辣あ(1,000円)というラインアップ。

さらに肉2種にオニオンソースとネギラー油を加えた肉飯やスープをかけて食べると最高の地鶏あぶら飯などのご飯ものも人気。

営業時間は、平日 11:00~14:30 18:00~21:00

日祝日 10:00~15:30(夜の部は休み)

水曜日は定休

2022年8月30日追記

池袋西口の優良店「麺処 篠はら」は、2022年8月28日をもって閉店となりました。

店主によると、”新天地にて新たならぁ麺屋を始動するつもりとの事です。

池袋の人気ラーメン店「麺処 篠はら」が閉店

1.6 ラーメン 豚山 池袋西口店

続いてアゼリア通り左側では、交番のちょい先に「ラーメン 豚山 池袋西口店」が1月27日にオープンしました。

小ラーメンがおススメとか。小食の人や女性のお客さん向けにミニラーメンも提供しています。

こってりしてそうで、量が少なくても腹持ちが良さそうです。

ガッツリこってり派には、豚5枚の大ぶた(1,080円)がうれしいです。

sdr

dav

1.7 つじ田

dav

豚骨魚介醤油の濃厚スープと中細麺のもっちりとしたつけ麺が特徴。

濃厚特製つけ麺(1,170円)、濃厚豚崩しつけ麺(1,250円)、濃厚味玉つけ麺(1.070円)、濃厚つけ麺(950円)などが看板メニュー。

チャーシューご飯(390円)に高菜ごは(290円)やトッピング用として味玉めんまチャーシューのりねぎも販売しています。

1.8 らーめん 味来

dav

アゼリア通りの要町駅の近くに店を構える「らーめん 味来」は、チャーシューが格別に旨いと評判の濃厚味噌ラーメンのお店で、池袋駅からはちょっと離れているので、穴場的なラーメン店と言えます。

豚骨鶏ガラをしっかり炊きこんだコクのあるスープと味噌で、濃厚かつ旨みとコクのある味噌スープに仕上げています。

現在店舗リニューアル工事中で、3月10日前後にオープンの見込みとなっています。

2.0 まとめ

どうでしょうか、あなたが食べてみたいと思ったラーメン店はありましたか?

どの店もしっかりお客さんが入っているので、やっぱりラーメン人気って強いですね。

しかし、どの店も生き残りをかけて必死です。

お客さんに飽きられて、そっぽを向かれたら終わりです。

結局は来店してくれたお客さんが旨いと言って、またリピートで来てくれる、そんなお店が生き残っていくのでしょう。

そのためには、トッピングなどで味のバリエーションが楽しめるのも強みの一つになるのではないでしょうか。

1年先、3年先にこのアゼリア通り沿いのラーメン店マップがどのように変わっていくのか、そっと見守っていきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク

【おススメ関連記事】

新規オープン「伊勢路」のしじみラーメンが美味い

話題の「コオロギラーメン」が期間限定でお目見え

マツコの知らない世界「サンラータン麺の世界」

揚州商人の新メニュー「海鮮煮込みラーメン」が美味い

三田製麺所池袋西口店で鯛だし塩つけ麺を賞味

池袋中華街で具を選んで食べるおススメの麻辣湯

美容食として女性に人気の麻辣湯(マーラータン)のお店「串串香」

中国人に人気のアヒル専門店でメニューがわからず撃沈

池袋駅北口の人気ラーメン店が閉店

伝串 新時代 池袋西口店オープン