池袋で美味しい海鮮とちゃんこを味わうなら蔵之介がおススメ

こんにちは。当サイトの管理人・マックです。
いつも私のサイトへご訪問頂きありがとうございます。

今回は池袋で美味しい海鮮とちゃんこを提供してくれる居酒屋・蔵之介のご紹介です。

最後までお読み頂けますとうれしいです。

スポンサーリンク

1.池袋で美味しい海鮮とちゃんこを味わうなら蔵之介がおススメ

今日今年になって初めて蔵之介にランチを食べに行ってきました。

池袋西口丸井の正面のビルの5Fにある居酒屋・蔵之介には、昨年からランチを食べにいくようになりました。

今日はお客さんがさほど多くなかったせいか、個室に案内してもらえましたので、いつもよりゆったりしたリッチな気分でランチを食べることができました。

個室からは池袋の丸井前の5差路が真下に見え、5Fの高さから道行く人を見下ろせるのは、ちょっぴり優越感に浸った気分です。

*すぐ左前が丸井です

この蔵之介のランチは、ちゃんこ汁をベースにしたランチで、一汁一菜ランチは、ちゃんこ汁とライスにデザートがつきます

一汁二菜ランチはサイドディシュが1品追加、一汁三菜ランチはサイドディシュが2品追加、一汁咖喱ランチはカレーが追加、一汁海鮮ランチは海鮮が追加といったランチメニューになっています。

一汁一菜ランチ(税抜き650円)

一汁二菜ランチ(税抜き900円)

一汁三菜ランチ(税抜き1,200円)

一汁咖喱ランチ(税抜き900円)

一汁海鮮ランチ(税抜き1,500円)

私は一汁一菜ランチを注文。

本日のちゃんこ汁は醤油味のちゃんこ汁で、具材はたっぷりの白菜に、肉だんご若鳥のもも肉ひのきたけなど。

*ご飯は五穀米をお願いしました。

それにプラスして今日はポイントカードのポイントが5個貯まったので、小鉢を1品選ぶことができました。

ポイントが10個貯まると、一汁一菜ランチがサービスされるというのも魅力の一つですね。

私が選んだのは、はまちの刺身と鮪の刺身の小鉢

この蔵之介のお刺身は新鮮で柔らかく脂がのっていて本当に美味いのです。

他の店より数段美味いと言っても過言ではありません。

おそらく他の店とは仕入れ先が違うのでしょう。

お腹の空いていた私は、運ばれてきたご馳走を前にして我慢できず、小鉢のアップ写真を撮る前に食べ始めてしまいました。完全に失念です。

美味しさのあまり毎日でも食べたくなってしまう中毒性のある味わいです。

ただ一つだけ難点があって、小鉢なしの一汁一菜ランチだけだとヘルシーですが、男性ではお腹がいっぱいにはならない点でしょうか。

前回は私があまりにひもじい顔をしているのを見かねて、店員さんが若鳥のから揚げをサービスでつけてくれたこともありました。

やはり男性だと一汁二菜ランチがお腹いっぱいになって良いかもしれません。

今日もお客さんはグループでの女性客が目立ちました。

ヘルシーだし、個室でメンバーだけで会話に没頭できるのも蔵之介が女性客に支持されている原因ではないでしょうか。

2. 蔵之介の名前の由来は?

食べ終わってそぞろに横の敷居になっている垂れ幕を見ると、貴闘力とか夢の若とか力士らしい名前がデザインされています。

満足して外の風景を眺めていると、食後のコーヒーが運ばれてきました。

私は店員さんに、ふとした思いつきで「蔵之介ってお相撲さんの名前ですか?」と尋ねてみると。「いえ社長の名前です。」との返答が返ってきました。

お相撲さんの名前がここにいろいろ書いてあるので、蔵之介って昔のお相撲さんの名前かと思いました。」とちょっととまどいながら話すと、「うちはちゃんこの店ですから、ここにはちゃんこにちなんでお相撲さんの名前を書いてあるんです。」と丁寧に説明してくれました。

そう蔵之介は力士料理の店なんです。

なるほどと納得した私ですが、社長さん、大変失礼いたしました。

お会計をするときに、「お相撲さんとか、たまにお店に来たりするんですか?」と尋ねてみました。

すると「最近は自粛中のようで来られませんが、懇意にしてもらっている芝田山親方がたまにお弟子さんを連れて来られたㇼするんですよ。」と言って、入り口に掛けてある芝田山親方のカレンダーを指さして教えてくれました。

うーん、夜海鮮料理とちゃんこ鍋を食べに来たら、本場のちゃんこ鍋が食べれて本物の力士さんに巡り合えるかもしれない。

そんな目論見が脳裏をよぎった瞬間でした。

3.まとめ

お昼ランチを食べにきて、こんなに美味しいお刺身やちゃんこを食べると、これなら夜食べに来ても絶対美味しいはずだと確信させられます。

私はディナーでは一度も来たことはないので、コロナが終息したら是非一度美味しい海鮮とちゃんこ鍋を食べにきたいと思います。

読者様にも自信をもっておススメできるお店の一つです。是非あなたも一度蔵之介で美味しい海鮮とちゃんこを味わってみてはどうでしょうか。

【蔵之介店舗情報】

住所:東京都豊島区西池袋1-17-6 西口センタービル5階

池袋駅地下道C8の階段を上ると目の前が西口センタービルで、2Fは大戸屋さんです。

営業時間:ランチは平日のみで11:30〜14:00まで

現在夜の部は短縮営業中で毎日14:00〜20:00(お酒は19:00まで)
TEL: 03-3982-9781

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

【関連記事】

西池袋の蜀一蜀二で酸辣味の酸菜魚ランチを食べてきました

スポンサーリンク