三田製麵所池袋西口店で鯛だし塩つけ麺を賞味

いつも私のブログに訪問頂きありがとうございます。

今回は池袋西一番街にあるつけ麺専門店「三田製麺所」の「鯛だし塩つけ麺」のご紹介です。

最後までお読み頂けますとうれしいです。

スポンサーリンク

1.三田製麺所の「鯛だし塩つけ麺」を賞味

bty

先日久しぶりに池袋駅西口の西一番街にある三田製麺所につけ麺を食べに行ってきました。

時間をかけてじっくり煮込んだ濃厚豚骨魚介スープとほどよく香りとこくのある自家製の太麺が魅力の人気のつけ麺専門店です。

前回食べたのは、2016年の春ごろなので約5年ぶりです。

三田製麺所では、以前毎年春と秋にお客様感謝祭を実施していて、期間中に麺類を注文すると、次回利用できる「つけ麺無料券」をプレゼントしてくれていました。

私はその感謝祭の時は必ずその無料券をゲットしに食べに行っていました。

しかしその後、感謝祭が実施されることはなくなり、私の足も遠のいてしまいました。

恐らくあまり効果はなかったのでしょう。

何年か前に、店舗もリニューアルして衣替えし、店構えもだいぶ綺麗になりました。

ある時ショーウインドウを覗くと、新メニューの「鯛だし塩つけ麺」(税込み790円)が目に留まり、その淡麗スープと鯛だしを賞味したくなりました。

しかしここ数年血圧が高めに推移している私は、塩分はなるべく控えていて、この塩つけ麺も食べるのを躊躇していました。でもいつも我慢しているのだから、たまにはいいだろうと自分に言い聞かせ、先日約5年ぶりくらいに店に入ることにしました。

店舗リニューアルしてからも、もちろん初めてです。

店舗は1Fと2Fがあり、以前は1Fはカウンター席だけでしたが、2つのテーブル席とカウンター席になっています。

麺は並(200g)、中(300g)、大(400g)、特大(500g)より選べますが、大盛りでは多すぎるかと思い、中盛りにしました。

しばし店内を見渡しながら待つと、待望の「鯛だし塩つけ麺」が配膳されてきました。

bdr

もちもち感のある麺をスープに浸けて食べてみると、鯛の風味と塩の香りが口の中に染みてきて、さっぱり味で美味しい。

スープに柚子胡椒を入れるとさらに鯛のだしが効いてきて、麺も一層食べやすくなります。

私は中盛りでは、どうもお腹が一杯になりそうもない気がしてきました。

やはり大盛りを注文すべきでした。

2.三田製麺所のねぎ飯も旨い

あっという間に、食べつくしそうになり、急遽ねぎ飯(税込み200円)も追加で注文しました。

私は三田製麺所のこのねぎ飯が以前からd大の好物なのです。

bty

ピリッと効いた黒コショウと刻み葱が絶妙にマッチした、三田製麺所の隠れた逸品と言えます。

最後に鯛だし塩スープを飲んでみましたが、私には塩味が強すぎて飲み干すのはやめました。

鯛だし塩つけ麺とねぎ飯でお腹一杯になり、大満足で会計をすませ、店を後にしました。

炭水化物を食べすぎたせいか、この日は夜になっても全然食欲がありませんでした。

三田製麺所さん、美味しいつけ麺とねぎ飯、ご馳走様でした。

できたら以前のような感謝祭をまた開催してくれるとうれしいです。

【店舗情報】
【店名】 三田製麺所池袋西口店
【TEL】 03-5911-3839

【所在地】豊島区西池袋1-40-1 大昇ビル1F、2F

【アクセス】 池袋駅西口徒歩3分。西口交番の横の西一番街を入って左手の角。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク

【おススメ関連記事】

揚州商人の新メニュー「海鮮煮込みラーメン」が美味い

マツコの知らない世界「サンラータン麺の世界」

アヒル専門店「シャオウェイヤボー」で「ミーシエン」を賞味

美容食として女性に人気の麻辣湯(マーラータン)のお店「串串香」