丸善池袋店が7月31日付けで閉店

いつも私のブログに訪問頂きありがとうございます。

今回は、丸善池袋店閉店のニュースです。

最後までお読み頂けますとうれしいです。

スポンサーリンク

1.丸善池袋店が7月31日付けで閉店

bty

池袋東口の都内最大級の大型文具店である「丸善池袋店」が7月31日付けで閉店になることが発表されました。

2017年8月にオープンしていますので、わずか4年弱で閉店になってしまいます。

ジュンク堂書店のちょっと手前のビルの地下1階と2階に店舗を構え、当初地下1階には、一般文具売場やコミック関連の画材商品を取り揃え、2階には高級筆記具や革小物、デザイン文具などを品揃えしていました。

またガラス張りの1階には電車の車両が目を引き、ゆったりとしたカフェが併設されています。

bty

しかし今日店内を覗いてみると、2Fは書籍売り場となっていて、高級筆記具などは地下1Fに移してありました。

そして地下1Fの文房具売り場は全品30%オフのスペシャル・セールが開催されていました。

bty

オープン当時その綺麗さと豊富な品揃えに圧倒されたものですが、同時に街の小さな文房具屋さんしか今まで見たことがなかった私は、どこか違和感を感じたものです。

綺麗で立派な文房具店が閉店してしまうのは誠に残念ですが、これだけの大型店で採算をとるのは難しかったのではないでしょうか。

考えられる理由は以下の3つです。

1.文房具って単価が安い

2.よく使うペンやノートは、どこのコンビニでも普通に売っている

3.高級文具に対するニーズは、そんなに大きくない

丸善では、街の文房具屋さんには置いてない高級筆記具や革小物、デザイン文具なども、当初豊富に品揃えしていました。

しかし高級文具とかは、レアなニーズで普通の人はそう買わないのではないでしょうか。

店頭在庫を持たないカタログ販売かネット通販の方が向いているように思います。

因みに今日店舗内を見るかぎりでは、文房具類は全て地下1Fにまとめたので、高級品などの展示商品はかなり数を絞っているように見受けられました。

また日常的によく使う一般文具はコンビニで買えるし、池袋西口と北口には文房具屋さんもあり、コンビニに置いてない商品もいろいろと置いてあります。

さらに中堅の文房具屋さんとして、東武百貨店7Fの「伊東屋 池袋店」、パルコの6Fにある海外の文房具を扱うお洒落なお店「Smith 池袋パルコ店」などもあります。

高級文具以外にも、アルバムや鉛筆の名前入れサービスや入学祝いなどの贈答用商品などのニーズもありますが、売り上げ規模としては、さほど大きくないように思います。

またデジタル志向の強い人は、繰り返し使えて、紙のメモ帳や付箋をペーパーレス化することができるので電子メモ帳を重宝して使用していて、従来のノートやペンはあまり使わないでしょう。

以前何かの記事で読んだのですが、ジュンク堂が池袋に出店するとき、書籍売り上げによる利益とビルの賃料などのコストを考えると今の場所よりも駅に近い場所には出店できなかったそうです。

ジュンク堂よりも駅に近い今のビルに広々とした売り場を構え、文房具などの販売で採算をとるのは、やはり難しいのではないでしょうか。

私は丸善では店内を覗いたことはありますが、高級文具などの買い物をしたことはありません。

でもこの丸善で、ここでしか買えない商品を買って、今も大事に使っている人にとっては、思い入れがあり、閉店になってしまうのは、とても悲しいニュースでしょう。

今みたいに大きくなくてもいいので、近い将来ユニーク性を持った中堅ショップでも、またオープンさせてほしいですね。

なお現在1階に展示してある電車3台は、このビルのオーナーの所有物で、丸善閉店後も展示は継続されるそうです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

【おススメ関連記事】 

池袋の松屋3店舗も閉店とは

吉野家池袋西口店までが閉店

池袋駅構内の老舗カフェが閉店

ショック!!ジョナサン西池袋店が閉店

池袋駅北口の人気ラーメン店が閉店

老舗日本料理店「築地 竹若」池袋総本店が閉店

仙台平禄寿司池袋西口店が閉店

ISOビル内の居酒屋閉店の嵐

東急ハンズが閉店してしまうなんて

いきなり!ステーキ南池袋店閉店

繁華街の羅針盤、「夜の王様」閉店

スポンサーリンク