やよい軒で大豆ミートの野菜炒め定食を食べてみました

昨日やよい軒より期間限定で大豆ミートを使った定食のご案内を頂きました。

大豆ミートを使った定食ってどんな味がするのか、さっそくやよい軒劇場通り店に食べに行ってきました。

スポンサーリンク

1.やよい軒で大豆ミートを使った定食を期間限定販売

やよい軒から届いたチラシによると、今回大豆ミートを使った定食は、以下の4種です。

豆苗玉子炒め定食」(税込780円)

しょうが焼定食」(税込640円)

野菜炒め定食」(税込730円)

なす味噌と焼魚の定食」(税込930円)

私は過去に何度も食べたことのある「野菜炒め定食」を食べてみることにしました。

私は今まで「大豆ミート」は聞いたことがあるだけで、食べたことは一度もないので、どんな味がするのか楽しみです。

券売機で食券を買い、窓際の席でしばらく待つと、「大豆ミートの野菜炒め定食」が配膳されてきました。

ミニ冷奴付きです。

dav

dav

やよい軒の野菜炒めや肉野菜炒めには、辛し味噌がついてきて、辛し味噌をちょっとつけて食べると、ピリッと味にアクセントが付いてとてもおいしく頂けます。

今回大豆ミートの野菜炒め定食には、大きめの大豆ミートが6切れくらい入っていました。

大豆ミートを食べてみると、ガムのような弾力感があって、口当たりが柔らで独特な食感がします。

中華のニラレバ炒めのレバーによく似た食感です。

味は肉に魚を混ぜたような味がしました。

よく知らないで食べたら大豆ミートとはわからないと言いますが、良いとか悪いとかではなく、違いは確かに感じます。

まあ私は最初から大豆ミートと知って食べたので、意識的に違いをよりはっきり感じたのかもしれません。

1.1 大豆ミートの効能とは

大豆ミートとは、油分を絞った大豆に熱や圧力を加えて乾燥させることで、肉のように見立てた加工食品を言います。

従来はベジタリアンやヴィーガンといった菜食主義の人向けの食品といったイメージが強かった大豆ミートですが、最近は健康食として健康志向の強い人からも人気を得ています。

大豆は畑のお肉と呼ばれるほど高たんぱくな食材です。

さらに製造過程で油分を取り除いているため、脂肪の含有量が少なく低カロリーとなっています。

またビタミンB群ビタミンEといったビタミンをはじめ、カルシウムカリウム鉄分のようなミネラルや、食物繊維も豊富に含まれています。

さらに、抗酸化物質の一つである大豆イソフラボンは、細胞にダメージを与える活性酸素の働きを抑える効果とともに、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをし、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれる効果が報告されて、近年脚光を浴びています。

日常生活の中で、大豆食品そのものを十分とるのは、意識しないとなかなか難しいものがあります。

でも大豆ミートを使った野菜炒めやしょうが焼きを美味しく食べて、不足しがちな栄養素をいろいろ摂取できるのは、多くの人にとってとてもうれしいことではないでしょうか。

2.まとめ

今回のやよい軒の大豆ミートを使った4種の定食は、いつまでか不明ですが期間限定となっています。

おそらくやよい軒さんでも初めての取り組みであり、お客さんの反応を確かめるつもりなのでしょう。

やよい軒さんが謳っているように、「カラダ想いの定食」への取り組みは素晴らしいことだと思います。

これを契機により多くの人が食事と健康への関心をさらに高めてくれることでしょう。

私個人としてもやよい軒さんをこれからも応援していきたいと思っています。

池袋近辺のやよい軒

【やよい軒 池袋劇場通り店】

所在地:  豊島区池袋2丁目42−6 倉田ビル

電話: 03-5960-3851

【やよい軒 南池袋店】 

所在地: 豊島区南池袋2丁目24−2 STビル 1F

電話: 03-5956-6385

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク

【おススメ関連記事】

やよい軒の新メニュー「やよい御膳」が超おススメ

やよい軒で冬のあったか鍋シーリーズが販売開始

大戸屋2022年秋の季節限定メニュー「木の子とお出汁の海鮮スープあん土鍋定食」

大戸屋2022年秋の期間限定メニュー「大粒牡蠣と木の子のオイスター炒め定食」

池袋が発祥の地、大戸屋の池袋での軌跡

しんぱち食堂の炭火焼魚定食が脂がのっていて旨い

大人の隠れ家「和酒酔処 わく」で本物の和食を賞味

はなの舞で「彩り御膳」を食べてみました

ガストの「牛チゲ好し」に空振り沈没