やよい軒で冬のあったか鍋シリーズが販売開始

やよい軒で毎年恒例の冬の鍋シリーズの販売が開始されました。

そこで昨日やよい軒劇場通り店で牛すき鍋膳を食べてきました。

スポンサーリンク

1.やよい軒の2022年冬のあったか鍋シリーズ

昨日やよい軒の劇場通り店にランチを食べにいくと、毎年恒例の冬のあったか鍋シリーズが販売されているのを知りました。

dav

すき焼き鍋しょうが鍋チゲ鍋の3種です。

今回定番中の定番の「すき焼き定食」を食べてみました。

券売機で見ると930円で昨年とほぼ同じ金額のようです。

あまり値上がりしていなくてよかった!!

食券を買って窓側の席でしばらく待つと、ほどなくしてすき焼き鍋が配膳されてきました。

本来は生卵がつきますが、悲しいかな食べれない私は最初にお断りしています。

まず最初に汁を一口飲んでみると、とろっと甘く美味しい。

他の国にはない、まさに日本の味です。

このすき焼きのたれは、3種の本醸造醤油と本みりんをブレンドして作っているそうです。

牛肉も柔らかく美味しいけど、肉の量がちょっと少なめなのが残念。

昨年はもうちょっと入っていたような気がするのですが。

鍋の具は、牛肉白菜長ネギしらたき揚げ豆腐うどんといったすき焼き鍋の定番のオールスターです。

dav

またやよい軒のごはんは、よく炊き立てられていて美味しいので、いつも食が進みます。

味噌汁も濃くも薄くもなく程よい濃さでグッドです。

私は最後にうどんを食べ、締めとしました。

ちょっと肉量が少ないような気がしますが、味は申し分なく、総じて満足です。

2倍の牛肉を使った「肉増・すき焼き定食」も魅力ですね。

やよい軒さん、美味しい「すき焼き定食」ご馳走さまでした。

1.1 2022年冬鍋メニュー

やよい軒では、「すき焼き定食」以外にも、以下のあったか冬鍋メニューを用意しています。

チゲ定食」(税込820円):から揚げ付は税込930円

信州味噌のコクにコチュジャンの辛さをプラスしたスープが格別。

辛旨チゲ鍋定食」(税込880円):から揚げ付は税込990円

特製唐辛子パウダーを加えて辛さをパワーアップしています。

しょうが鍋定食」(税込820円):アジフライ付は税込930円

かつおやほたての旨味と生姜が効いた醤油ベースのスープ鍋です。

とろろしょうが鍋定食」(税込940円):アジフライ付は税込1.050円

アジフライは単品でも200円で販売されています。

12月には例年と同じく、鍋1食注文ごとに何枚か集めるとお好きな鍋が無料で食べれる無料引換券を配布してくれるのではと期待しています。

今回の冬鍋シリーズは、すき焼き鍋、チゲ鍋、しょうが鍋とどの鍋も一度は食べてみたい一品ですね。

特に冷え性の人には、身体が心底から温まる「しょうが鍋定食」がおススメです。

2.まとめ

お手頃価格で美味しいお鍋が食べれるやよい軒さん。

これからますます寒い冬に突入していきます。

でもやよい軒のあったか鍋を食べれば身体はぽっかぽっかです。

あなたも是非やよい軒のあったか鍋で、元気にこの冬を乗り切ってください。

池袋近辺のやよい軒

【やよい軒 池袋劇場通り店】

所在地:  豊島区池袋2丁目42−6 倉田ビル

電話: 03-5960-3851

【やよい軒 南池袋店】 

所在地: 豊島区南池袋2丁目24−2 STビル 1F

電話: 03-5956-6385

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク

【おススメ関連記事】

やよい軒の新メニュー「やよい御膳」が超おススメ

やよい軒の新メニュー「銀鮭の塩糀焼としまほっけの定食」を賞味

やよい軒で大豆ミートの野菜炒め定食を食べてみました

大戸屋2022年冬の期間限定メニュー「広島県産牡蠣の塩こうじ八宝菜」

池袋が発祥の地、大戸屋の池袋での軌跡

しんぱち食堂の炭火焼魚定食が脂がのっていて旨い

大人の隠れ家「和酒酔処 わく」で本物の和食を賞味

ガストの「牛チゲ好し」に空振り沈没