135酒場のワンコインランチで海鮮八宝菜を賞味

こんにちは。当サイトの管理人・マックです。
いつも私のサイトへご訪問頂きありがとうございます。

今回は135酒場でのワンコインランチのご紹介です。

最後までお読みいただけますとうれしいです。

スポンサーリンク

1.135酒場のワンコインランチで海鮮八宝菜を賞味

2,3年前は多かったワンコインランチのお店は、今は少なくなってしまいました。

野菜などの食材や食用油の値上げなどにより、500円の価格を維持するのは、難しくなってきているのでしょう。

そんな厳しい環境下、長年ワンコインランチを提供し続けているお店に、立教通りにある中華風居酒屋「135酒場」があります。

この「135酒場」は、日替わりで7品目のワンコインランチを提供してくれています。

私が行った日のワンコインランチのメニューは、

1.揚げ鶏肉の黒酢炒め

2.レバーとキャベツの四川風炒め

3.海鮮八宝菜

4.野菜ラーメン小ライス付き

5.マーボーあんかけ天津丼

6.エビ炒飯

7.玉子炒飯焼き肉付き

私は迷わず「海鮮八宝菜」を注文しました。

配膳された「海鮮八宝菜」を食べてみると、塩味も濃くなくさっぱり味で美味しい。

海鮮は海老2匹とイカが2切れ

欲を言えばタコとホタテも入っていれば最高なのですが、ワンコインではそこまで望めません。

また以前はデザートとしてフルーツが一切れ付いたのですが、冷奴に変わっていました。

この冷奴の味は残念ながら、いまいち。

またスープもぬるく熱くない。

しかし、この「海鮮八宝菜」は美味しく、800円か900円で出されても、そんなに違和感はありません。

久しぶりにここでワンコインランチを食べましたが、500円ではコスパは最高で、満足のいく料理でした。

ただし私は、中華料理のランチとしては、主に海鮮系の料理しか食べませんので、他の料理の味は良いかどうかわかりません。

このお店では、店内の照明が暗いのもあって、昼間からちょっと飲みたくなってしまいます。

実は以前ここでランチが500円と安いので、ついでに赤のグラスワインも注文したことがあります。

すると会計時にサービス料として300円程がプラスされていました。

ランチにアルコールを注文して、サービス料を取られたのはこの店が初めてで、それからこのお店でランチ時にアルコールは注文しなくなりました。

どうも私には納得いかないのですが、店の方針であれば従わざるを得ません。

この「135酒場」は100円、300円、500円の品を注文できる中華風居酒屋で、池袋東口ドン・キホーテ裏にある「座135」は姉妹店です。

今は非常事態宣言下で酒類の提供はできないので、営業時間はランチタイムだけとなっており、居酒屋さんにとってはまさに受難の時となっています。

現在多くの居酒屋さんがランチ営業だけで、受難の時を何とか耐え忍んでいます。

一方で営業自粛を無視して酒類を提供して、12時まで営業している居酒屋も増えてきました。

そういった居酒屋はどこもお客で賑わっています。

何という不公平でしょうか。私は憤りを感じざるを得ません。

コロナの蔓延を抑えるために、苦しいながらもランチ営業だけで耐えしのいでいる、そんな居酒屋さんを少しでも応援したいですね。

【店舗情報】

【店名】135酒場 池袋立教通り店

【住所】豊島区西池袋5-1-5 第二春谷ビル 1F

【TEL】 03-6912-9508

【営業時間】 11:00~15:30

【アクセス】池袋駅西口より徒歩約5分。立教通り右手。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク

【おススメ関連記事】

美容食として女性に人気の麻辣湯(マーラータン)のお店「串串香」

池袋西口でおススメの羊肉鍋はボリューム満点

池袋中華街で具を選んで食べるおススメの麻辣湯

blogcard url=” https://quanblog002.com/dahuren-1505″]