大戸屋2022年秋の季節限定メニュー「木の子とお出汁の海鮮スープあん土鍋定食」

こんにちは。当サイトの管理人・マックです。

いつも私のブログに訪問頂きありがとうございます。

今回は大戸屋の2022年秋の季節限定メニュー「たっぷり木の子とお出汁の海鮮スープあん土鍋定食」のご紹介です。

最後までお読み頂けますとうれしいです。

スポンサーリンク

1.大戸屋の2022年秋の季節限定メニュー「たっぷり木の子とお出汁の海鮮スープあん土鍋定食」

大戸屋さんの期間限定メニューが秋ヴァージョンに変更になりました。

昨日大戸屋の池袋西口店で、秋の季節限定メニューの「たっぷり木の子とお出汁の海鮮スープあん土鍋定食」(税込1,280円)を食べてきました。

店内の窓際の席から外を眺めると、昨年8月に閉店になったマルイの取り壊しが終わり、更地となっているのが目に映りました。

閉店してもう1年も経ってしまいました。

ぼんやりと外を眺めながら、在りし日のマルイに想いを馳せていると、「たっぷり木の子とお出汁の海鮮スープあん土鍋定食」が配膳されてきました。

sdr

sdr

土鍋がじゅうじゅうに煮えていてアッツアッツです。

この海鮮スープあん土鍋定食には、エビイカキスおこぜ椎茸舞茸えのきしめじ白菜豆腐インゲンと具がいっぱいです。

ただキノコはえのき、しめじはいっぱい入っていましたが、椎茸は一切れだけでした。

一口汁を飲んでみると、甘くて美味しいです。

具もいっぱいで美味しく私は汁も一滴も残さず食べてしまいました。

四川料理に代表される中国料理の辛さが中国人の味覚のアイデンティティだとすれば、天つゆや蕎麦・うどんの汁やすき焼きのたれの甘さは日本人の味覚のアイデンティティを表しているように思います。

1.1 大戸屋2022年秋期間限定メニューラインアップ

大戸屋さんの2022年秋の期間限定メニューは、「たっぷり木の子とお出汁の海鮮スープあん土鍋定食」(税込1,280円)以外には、「大粒牡蠣と木の子のオイスター炒め定食」(税込1,480円)、「北海道産秋鮭と木の子のミックスフライ定食」(税込1,080円)と、秋の味覚のキノコをフィーチャーしています。

そういえば昨年の秋にも、「5種の木の子と黒豆みその具だくさん贅沢豚汁定食」といったキノコの食材を使った期間限定メニューを販売していました。

どうやら大戸屋さんの秋限定メニューにキノコが定着しそうですね。

1.2 キノコの効用

キノコは、食物繊維が豊富でかつ低カロリーで、身体に良いことが盛りだくさんです。

まず食物繊維が豊富で、お腹の調子を整えてくれるので、腸内環境の改善に効果的です。 腸内環境が整うことで、便秘、肌荒れなどの不調が改善されます。

また、毎日の食事で不足しがちなビタミンやミネラルが含まれていて、特にダイエットには欠かせないビタミンB群が豊富で、糖質や脂質を代謝するための重要な働きをしてくれます。

さらにビタミンB2は皮膚や粘膜の老廃物を排出し、肌リズムを整えてくれるので、イキイキとした肌・髪・爪のキープにおすすめの栄養素となっています。

2.まとめ

期間限定メニューの価格は、昨年秋と比較するとかなり値上がりしています。

昨年秋の期間限定メニューの価格は、税込930円、980円、1,080円でした。

ところが今年の秋の期間限定メニューの価格は、税込1,080円、1,280円、1,480円になっています。

どうも日高屋ややよい軒などに比べ、値上げ幅が大きいように思います。

諸々の価格が値上がりしているし、食材を豊富に使っているのでやむを得ない点はあるのですが。

しかし今回食べた「たっぷり木の子とお出汁の海鮮スープあん土鍋定食」は、たいへん美味しく満足のいく内容でした。

大戸屋さんの自信作とも言えるでしょう。

価格がちょっと高いですが、「大粒牡蠣と木の子のオイスター炒め定食」(税込1,480円)も、次回できたら食べてみたいと思います。

【店舗情報】

【店名】大戸屋 池袋西口店 

【住所】豊島区西池袋1-17-6 池袋西口センタービル2F

【TEL】 03-3989-1555

【アクセス】池袋駅西口より徒歩約3分。西口五差路の角のビル2F

最後までお読み頂きありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク

【おススメ関連記事】

大戸屋2022年秋の期間限定メニュー「大粒牡蠣と木の子のオイスター炒め定食」

池袋が発祥の地、大戸屋の池袋での軌跡

すしまみれのランチが安くて美味い

11時前からいつも行列ができる人気の立ち食い寿司店美登利

地上10階から池袋の街を眺めながらアボカド入り海鮮ちらし丼に舌鼓

しんぱち食堂の炭火焼魚定食が脂がのっていて旨い