舞台「閃光ばなし」池袋公演

こんにちは。当サイトの管理人・マックです。

いつも私のブログに訪問頂きありがとうございます。

今回は、舞台「閃光ばなし」池袋公演のご紹介です。

最後までお読み頂けますとうれしいです。

スポンサーリンク

1.舞台「閃光ばなし」池袋公演

2022年10月8日から池袋東京建物 Brillia HALLで上演される「閃光ばなし」は、2017年の「俺節」、2019年の「忘れてもらえないの歌」で、昭和の時代を生き抜く人々の姿を描いてきた福原充則安田章大(関ジャニ∞)の最強タッグによる第3作目となる最新作で、兄弟を襲う様々な〝分断〟と〝バイク〟の物語となっています。

社会における悪を題材にしながらも、簡単に正義感を安売りしない福原充則の作品には、笑い、涙、怒り、そして胸を搔きむしるような不条理が存在し、どうしようもない人間の喜怒哀楽が入り混じってきます。

今作も、昭和を舞台に人間の欲望が良いようにも悪いようにも蔓延る時代を、エンターテイメントとして表現する渾身の書き下ろし&演出の舞台となっています。

1.1 あらすじ

時代は昭和38年。

終戦から18年たった高度成長時代。

父親から受け継いだ小さな自転車屋を営む佐竹是政安田章大)は、自分たちの街を分断する巨大な用水路の存在に頭を悩まされていました。

無鉄砲な妹・政子黒木華)とともに後先考えずに権力に立ち向かっていく兄妹の姿は、ドロ臭く、強引で、悪知恵が働き、とてもヒーローとは言い難いが、単なる兄妹愛とは語れない実に痛快で清清しく描かれていきます。

熱い時代を必死に生き抜く1人の男と1人の女と、2人を取り巻く曲者揃いの市井の人々の思惑が、交差してはぶつかっていきます。

1.2 公演概要 

[公演名] 舞台「閃光ばなし」池袋公演
[日程] 2022年10月8日(土)~10月30日(日)
[料金] 全席指定
S席:12,000円 A席:9,800円 
[配役] 佐竹是政(安田章大
政子(黒木華
 
[脚本・演出] 福原充則
[振付] 中林 舞
[舞台監督] 幸光順平
[制作] 相場未江 藤本綾菜
[制作総括] 笠原健一
[プロヂューサー] 熊谷信也
[企画製作] キョードー東京

[会 場] 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

[所在地] 豊島区東池袋1-19-1[アクセス] [チケット販売] 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク

 

【おススメ関連記事】

きっと人生が好きになる、ミュージカル「ヘアスプレー」池袋公演

大スペクタクル野外劇「嵐が丘」が驚きの500円で

ミュージカル「東京ラブストーリー」公演

池袋演劇祭参加作品「魔法使いのいる町」公演

シアター・ドラマシティ30周年記念「Dramatic City ”夢”」コンサート

挾間美帆&デンマークラジオ・ビッグバンド初来日コンサート

今年もみんな燃えます!!ふくろ祭り