宝塚歌劇宙組のミュージカル・プレイ「カルト・ワイン」池袋公演

こんにちは。当サイトの管理人・マックです。

いつも私のブログに訪問頂きありがとうございます。

今回は、宝塚歌劇宙組のミュージカル・プレイ「カルト・ワイン」公演のご紹介です。

最後までお読み頂けますとうれしいです。

スポンサーリンク

1.宝塚歌劇宙組のミュージカル・プレイ「カルト・ワイン」池袋公演

画像引用元:https://ameblo.jp/furuzukka/entry-12736648976.html

宝塚歌劇宙組のミュージカル・プレイ「カルト・ワイン」が、東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)にて、6月17日から6月26日まで公演されます。
本作品は、狂信的なワイン愛好家たちが求めて止まない希少ワイン「カルトワイン」を、偽造して大儲けをした男の切なくも苦い物語となっています。

1.1 作品紹介

21世紀初頭のニューヨーク。

狂乱のヴィンテージワインオークション会場に登場するのは、高級スーツに身を包んだヒスパニック系の男、カミロ・フランコ

誰もがその名を知る若きワイン・コレクターだ。

人々は、こぞって彼のコレクションに高値をつけていく。

だがそのほとんどは安ワインをブレンドして作られた偽造品。

カミロという名も偽名だった…。

カミロの正体は、貧しい中米の国・ホンジュラスから入国した不法滞在者、シエロ・アスールで……。

貧しい一人の青年が、被害総額1億ドルの偽造ワイン事件犯として投獄されるまでを描いた、ちょっぴりビターなスウインドル・ミュージカル!

1.2 主演は桜木 みなと

宝塚『カフェブレイク 桜木みなと』

今回宙組公演で主役を務めるのは、愛称ずんこと桜木みなと。

桜木みなとは、2009年宝塚歌劇団に95期生として入団し、同年4月に「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台を踏みました。

2014年には、「白夜の誓い」で新人公演初主演に抜擢されます。

2015年、2017年には、それぞれ「相続人の肖像」と「パーシャルタイムトラベル」で2度バウホール公演主演を演じています。

そして最近では、2020年に「壮麗帝」に主演。

今回の「カルト・ワイン」のポスターでは、偽造ワインで貧困から這い上がろうとするギラギラ感と野心家ぽさが如実に伝わってきます。

偽造ワイン事件犯というスリリングな役を桜木みなとが今回どう演じてくれるのか、今から公演が楽しみです。

1.3 公演概要

[公演名] 宝塚歌劇宙組公演ミュージカル・プレイ「カルト・ワイン」

[作・演出] 栗田優香

[出演] シエロ・アスール桜木 みなと(主演)

ミラ・ブランシェット:五峰 亜季

カルロス・フェンテス:寿 つかさ

ディエゴ・マラディエガ/メリック・ランドルフ:松風 輝

トミー・ケスラ:秋奈 るい

[企画] 阪急電鉄株式会社・梅田芸術劇場

[会 場]

東京建物BrilliaHALL

[住 所]東京都豊島区東池袋1-19-1

HP: https://toshima-theatre.jp/

[公演日程] 

[入場料] S席¥8,300 A席¥5,000 (全席指定)

[一般販売] 2022年5月7日(土)より

[チケット販売] 

としまチケットセンター

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク

【おススメ関連記事】

伝説の音楽劇「クラウディア」18年ぶりに復活!!

いのうえ歌舞伎「神州無頼街」池袋公演

五感を揺さぶる朗読劇スペクタクルリーディング「バイオーム」公演