「シュレック・ザ・ミュージカル」トライアウト公演

こんにちは。当サイトの管理人・マックです。

いつも私のブログに訪問頂きありがとうございます。

今回は、映画「シュレック」を元にミュージカル化された「シュレック・ザ・ミュージカル」の日本初公演のご紹介です。

最後までお読み頂けますとうれしいです。

スポンサーリンク

1.「シュレック・ザ・ミュージカル」トライアウト公演

「シュレック」は、ドリームワークスにより2001年に公開され、大ヒットを記録したコンピューターアニメによるアドベンチャーコメディ映画で、アカデミー長編アニメ映画賞も受賞しました。

映画では、仲間との絆や真実の愛、困難に立ち向かうことなどの普遍的なテーマを、ジョークやパロディ満載で描きました。

この映画「シュレック」を元に2008年にブロードウエイにてミュージカル化され大好評を博した「シュレック・ザ・ミュージカル」の日本語版が初公開されることが決まりました。

キャストはオーディションで選出され、怪物シュレックspiヒロインのフィオナ福田えりが演じます。

なお今回の日本語版の上演は、ブロードウエイで上演された作品の日本での試演会の意味合いから、短縮バージョンのトライアウト公演という形態をとっています。

プロヂューサーの清水麻利子氏によると、近い将来フルバージョンでの上演も予定しているとのこと。

因みに今回のトライアウト公演の上演時間は、約1時間50分(本編90分+休憩20分)となっています。

シュレック・ザ・ミュージカル

1.1 あらすじ

物語の主人公は、人里離れた森の沼のほとり住む怪物シュレック。

彼にまつわる恐ろしい伝説とは裏腹に、気ままな生活を送っていました。

そんなある日、領主によって国を追放された、おとぎ話の住人たちが、シュレックの住む森に押し寄せてきます。

静かな生活を取り戻したいシュレックは、追放令を取り消すように領主・ファークアード卿に交渉します。

真の王になるためにプリンセスとの結婚を目論んでいたファークアード卿は、「自分の代わりにドラゴンと戦って囚われの姫・フィオナを救い出せ」という交換条件を出してきます。

仕方なくシュレックは、お調子者の喋るロバ・ドンキーを道連れに、沼を取り戻すために冒険の旅に出かけ・・・・

1.2 公演概要

[公演名] 「シュレック・ザ・ミュージカル」トライアウト公演
[原作] ドリームワークスアニメーション『シュレック』

ウィリアム・スタイグ『みにくいシュレック』

[脚本・作詞] デヴィッド・リンゼイ=アベアー

[作曲] ジニーン・テソーリ

[翻訳・訳詞・音楽監督] 小島良太

[演出・振付] 岸本功喜

[会 場]

豊島区立芸術文化劇場

東京建物BrilliaHALL

[住 所]東京都豊島区東池袋1-19-1

HP: https://toshima-theatre.jp/

[公演日程] ~8

[入場料] S席(おとな)¥8,800 S席(子供)¥4,000

A席¥6,000 (全席指定)

[一般販売] 2022年7月16日(土)より

[チケット販売] 

としまチケットセンター

1.3 自宅でもシュレックを楽しもう

映画「シュレック」は、2004年に日テレの金曜ロードショーでTV放映され、シリーズ第2作の「シュレック2」は、日テレの映画天国で2021年にTV放映されました。

ただ「シュレック」のTV放映は、はるか昔だし、「シュレック2」のTV放映は深夜の時間帯でした。

この大人気作をまだ見ていない人、また是非もう一度観たいという人には、U-NEXTをおススメします。

U-NEXTでは、第1作の「シュレック」から、続編の「シュレック2」「シュレック3」、そして最高に感動的なシリーズ最終章の「シュレック フォーエバー」までが見放題で楽しめます。

また「シュレック」シリーズ以外にも、都会育ちの動物たちの野生の島でのサバイバルを描いた感動アドベンチャー「マダガスカル」を始め、「カンフーパンダ」「ヒックとドラゴン」などドリームワークスの多くの人気アニメ作品が見放題となっています。

*ドリームワークスの最新作「クルードさんちの新しい冒険」(2020年作)と「スピリット 未知への冒険」(2021年作)は、399円の課金作品となっています。

まずは見放題作品数No1を誇るU-NEXT31日間無料トライアルで試し見してみてはどうでしょうか。

*31日以内に解約すれば、料金は発生しません。

2.まとめ

さあシュレックと共に大冒険に出発です。

観劇した誰もが笑えてハッピーな気持ちになれる「シュレック・ザ・ミュージカル」で、蒸し暑い夏を笑い飛ばし、みんなで笑顔になりましょう。

あなたもお友達と又はご家族と一緒に、この夏「シュレック・ザ・ミュージカル」を観劇してみてはどうでしょうか。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!
 

【おススメ関連記事】

シアター・ドラマシティ30周年記念「Dramatic City ”夢”」コンサート

伝説の音楽劇「クラウディア」18年ぶりに復活!!

魅惑のフラダンスイベント「東京フラフェスタin池袋」開催

夏のカリブの風に吹かれてカリビアン・ミュージック・コンサート

夏の夜ハレザでBIG BAND JAZZ コンサート開催

コニカミノルタプラネタリウムで新作「水の惑星-星の旅シリーズ-」を上映