池袋西口の人気のリラクゼーション・スポット「かるまる 池袋」

池袋西口の人気のリラクゼーション・スポットの温浴施設複合型ホテル「かるまる 池袋」。

今回そのサウナと風呂と付帯する多彩なサービスをご紹介します。

*スポンサーリンク

1.池袋西口の人気のリラクゼーション・スポット「かるまる 池袋」

sdr

サンシャインシティの隣にあるスパ「タイムズ スパ・レスタ」と並んで池袋で人気のリラクゼーションスポット「からまる 池袋」。

「タイムズ スパ・レスタ」が特に女性に人気の施設であるのに対し、「かるまる」は男性専用のサウナやお風呂で人気を博しています。

「かるまる」は、サウナ・水風呂・温泉・各種アメニティを備えたスパ・温浴施設複合型ホテルとなっています。

もともとは池袋で飲んで終電がなくなった人の救世主としてのカプセルホテルでしたが、2019年に施設を拡充して「からまる 池袋」としてリニューアルオープンしました。

「からまる 池袋」のちょい先のはす向かいにある「ロイヤルホテル」でも、屋上の露店風呂や休憩室があって人気だったのですが、現在リニューアルで休業中のようです。

1.1 「かるまる 池袋」の4つのサウナ

この「かるまる 池袋」では、4種類のサウナ、4種類の水風呂、5つの風呂と多彩なリラクゼーション施設を提供しています。

その一つが「岩サウナ」で、庵治石を使い樹齢200年以上の欧州赤松の立ち枯れた木材を使うサウナです。

また「ケロサウナ」では、フィンランド式の入浴法・ロウリュや、セルフロウリュが体験できるサウナです。

さらに「蒸サウナ」は、滋賀県・伊吹山で採れた15~16種類の薬草を煮立てた蒸気が体を芯から温めてくれます。

そして「薪サウナ」では、フィンランドの伝統的なまきサウナで、「芳しい木の香り、やわらかな光、揺れる炎の色、まきがパチッと鳴る音、陽だまりのような暖かさなどが感じられる」といわれ人気を博しています。

1.2 「かるまる 池袋」の4つの水風呂

「かるまる 池袋」では、各種多彩なお風呂も提供しています。

まず水風呂は4つの温度から選ぶことができます。

サンダートルネード 」は、10℃未満のの1桁温度のジェット水流が生み出す超低温水風呂。

やすらぎ」は、約25℃のやさしい水風呂。

昇天(ジェット風呂)」は、約33℃でのんびりとリラックスしながら漬かる水風呂です。

「サウナ⇒水風呂⇒休憩」の「休憩」のクールダウン用として使用できます。

お風呂に入ってまさに昇天してしまいたくなりますね。

そして「アクリルアヴァント」は、氷湖に開けた穴のようなアクリルでできた約14℃の水風呂です。

1.3 「かるまる 池袋」の温泉も最高

「かるまる 池袋」の温泉もぴか一で、以下の5種が用意されています。

自慢の「炭酸泉」は、療養泉クラスの高濃度を実現しています。

電気風呂」は、マッサージ機と同じように押す・揉む・叩くの3種類の刺激が体験できる新感覚の電気風呂となっています。

岩風呂」は、心臓に負担をかけにくい人の体温と同じくらいの「不感温度帯」の温泉です。

シャクヤクの花を眺めながら入る「岩風呂」は格別です。

マス風呂」では、ヒノキ科の高級木材「青森ヒバ」を贅沢に使用した四角いマス型風呂です。

さらには泡の刺激が心地良い「露天ジャグジー」も設置してあります。

1.4 「かるまる 池袋」の客室は2タイプ

「かるまる 池袋」の客室にはホテルタイプの客室とカプセルホテルタイプの客室の2タイプあります。

ホテルタイプの客室としては、室内にシャワーとトイレを設置した「ラグジュアリーシングルルーム」と、シャワーとトイレが無い「コンパクトシングルルーム」の2タイプを用意しています。

全室にリクライニングベッドを採用しています。

またカプセルホテルタイプの客室には、一般的なタイプの「VIP」と、43インチの大型モニターを設置した「VIPシアター」の2タイプがあります。

個室内は空調完備でマットレスも敷かれています。

1.5 「かるまる 池袋」のアメニティも充実

「かるまる 池袋」では以下のようにアメニティも充実しています。

ボディケア」は、ストレッチ系のケアによる「癒し処」とも言えるサービス。

「あかすり&ボディトリートメント」

ヘッドスパ」は、凝り固まった頭部や首、肩をほぐすことで、肩こりや眼精疲労といった日常の疲れを癒してくれます。

タイ古式マッサージ」では、ゆったりした独特のリズム感が特徴で、終わった後は身体が軽く感じられるようになるほどです。

他にも「リクライナースペース」や秘密基地のようなカプセルタイプの休憩スペースである「くつろぎポッド」、1万冊以上の漫画や雑誌が自由に閲覧可能な「ライブラリースペース」など至れり尽くせりです。

さらには「お食事処」では、ガッツリ系のサウナ飯や、和食料理などを提供しています。

1.6 「かるまる 池袋」の利用料金

「かるまる 池袋」のサウナ・お風呂の利用料金は、会員が2,980円、一般が3,480円、60分コースが1,980円、120分コースが2,880円、24時~翌5時までの深夜割増料金が1,980円となっています。

*2022年10月より原油価格の高騰などにより500円程度値上がりしています。

*利用は男性のみです。

また金曜や休み前日は割増料金が480円、休日の割増量人が980円となっています。

すべて税込で、フェイスタオル、バスタオル、館内着のレンタル料込の金額です。

宿泊料金は、カプセルルームタイプの客室は「VIP」が5,480円から、ワンランク上の「VIPシアター」が6,480円から。

ホテルタイプの客室の宿泊料金は、コンパクトシングルルームが7,980円から、ラグジュアリーシングルルームが9,980円からとなっています。

*2022年10月よりカプセルルームの客室の宿泊料金は500円、ホテルタイプの客室の宿泊料金は1,000円値上げされています。

*宿泊料金は曜日などによる「変動制」となっています。

2.まとめ

今日は飲みすぎて電車に乗って帰る気力はもうない、終電がなくなってしまったという場合は、この「かるまる 池袋」はあなたの救世主となってくれます。

また最近疲れがたまってどうしようもないという場合には、無理をしないで「かるまる」で一日ゆっくりサウナやお風呂に浸かり心身を癒してください。

今日は一生懸命頑張ったという日に、自分へのご褒美として、ここでリラックスして至福の時を過ごすのもおススメです。

私も自分にご褒美あげられるように頑張らないと。

【店舗情報】

【施設名】 からまる 池袋

【住所】 豊島区西池袋2丁目7-7 フロントは6F

【TEL】  03-3986-3726

【営業時間】11時~翌10時

浴場の利用時間は11時~翌9時

【アクセス】池袋駅西口C6出口より劇場通りを進んで徒歩1分。ガスト池袋西口店があるビルの上。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク

【おススメ関連記事】

池袋でプール・ジャグジー・サウナの3つが揃ったジムをご紹介

ストレス発散におススメの池袋近辺のスポーツジムを厳選してご紹介