伝説の音楽劇「クラウディア」18年ぶりに復活!!

こんにちは。当サイトの管理人・マックです。

いつも私のブログに訪問頂きありがとうございます。

今回は、18年ぶりに復活した伝説の音楽劇「クラウディア」公演のご紹介です。

最後までお読み頂けますとうれしいです。

スポンサーリンク

1.伝説の音楽劇「クラウディア」復活

    画像引用元:https://eplus.jp/sf/detail/0001410001
                                                                        
約12万人を動員した伝説の音楽劇「クラウディア」が、豪華キャストを迎えて18年ぶりに復活です!!「クラウディア」が、岸谷五郎寺脇康文の主催する演劇ユニット「地球ゴージャス」によって初演されたのは、2004年。初演時に「クラウディア」役を演じた本田美奈子さんは、2005年に他界し、彼女の演劇生活最後の作品となってしまいました。

本田美奈子/クラウディア「FRIENDS」
                              
「クラウディア」は、岸谷五朗の「反戦三部作」の第一作目で、サザンオールスターズの数々の楽曲で綴るジュークボックスミュージカルとなっています。
                              
脚本・演出を手掛けるのは、前回に引き続き地球ゴージャス主宰の岸谷五朗。「愛を禁じられた世界で、芽ばえた、2つの恋の物語」を現代版に昇華することで、これまでの公演とは一味違う新たな息吹を吹き込んでいます。

過去の公演では、ファッションデザイナーの山本寛斎氏が衣装を手掛けましたが、寛斎氏亡き後は、山本寛斎事務所がそのDNAを引き継ぎ再び衣装デザインを担当しています。

豪華スタッフ陣が再結集し、よりパワーアップした「クラウディア」に仕上げました。

今回タイトルロールとなる「クラウディア」には、圧倒的な歌唱力と表現力が評価され、ミュージカル女優の地位を築きつつある田村芽実と、ディズニー映画「ライオン・キング」のヒロイン、ナラ役の吹き替えに抜擢され、多方面でその歌声が認められる門山葉子の二人がWキャストで務めています。

田村芽実は、「事務所の先輩でもある美奈子さんが一緒に自分の中で歌ってくれていると思うので、命懸けで一公演ずつ臨みたい」と力強く意気込みを語っています。

1.1 あらすじ

愛を禁じられ、戦いに明け暮れる「根國」と「幹國」という2つの民族しかいない世界。
                           
神親殿という神が定めた絶対の掟に背いて、二つの恋が芽生えた。
                             
民族を超えて密かに育まれる愛と、自覚せぬままお互いを想い合う愛。
                              
2つの愛はやがて、その世界そのものを揺るがすことになっていく。

1.2 公演概要

[公演名] 音楽劇「クラウディア」Produced by 地球ゴージャス

[脚本・演出] 栗谷五朗

[主題歌] サザンオールスターズ「FRIENDS」 

[楽曲協力] タイシタレーベル / ビクターエンタテインメント

[衣装] 山本寛斎事務所

[振付] 原田 薫 大村俊介(SHUN) 藤林美沙

[殺陣] 島口哲朗(剱伎衆かむゐ)

[出演] 

『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス製作発表 2022/5/19 ♪歌唱披露♪

大野拓朗/甲斐翔真(細亜羅役Wキャスト)

廣瀬友祐/小栗基裕(毘子蔵役Wキャスト)

田村芽実/門山葉子(クラウディア役Wキャスト)

美弥るりか(織愛役)

上山竜治/中河内雅貴(ヤン役Wキャスト)

平間壮一/新原泰佑(龍の子役Wキャスト)

湖月わたる(神親殿役) 他

[企画・制作] アミューズ

東京建物BrilliaHALL

[住 所]東京都豊島区東池袋1-19-1

HP: https://toshima-theatre.jp/

[公演日程] ~7

[入場料] S席¥12,500 A席¥8,000 B席¥5,000 (全席指定)

[一般販売] 2022年4月23日(土)より

[チケット販売] 

としまチケットセンター

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク

【おススメ関連記事】

いのうえ歌舞伎「神州無頼街」池袋公演

五感を揺さぶる朗読劇スペクタクルリーディング「バイオーム」公演

宝塚歌劇宙組のミュージカル・プレイ「カルト・ワイン」池袋公演