劇団東演により「あうるすぽっと」で「マクベス」を公演

こんにちは。当サイトの管理人・マックです。

いつも私のブログに訪問頂きありがとうございます。

今回はあうるすぽっとで12月15日から公演される「マクベス」のご案内です。

最後までお読み頂けますとうれしいです。

スポンサーリンク

1.劇団東演により「あうるすぽっと」で「マクベス」を公演

画像引用元:http://toen-actorsd.jugem.jp/?eid=2642#gsc.tab=0

シェークスピアのあの名作「マクベス」が、また劇団東演創立60周年記念公演として「あうるすぽっと」で上演されます。

2016年に死去したロシアの演出家V.ベリャコーヴィッチ氏は、「どん底」「ハムレット」「検察官」など、多くの東演作品の演出を手がけてきました。

日本での上演のために、V・ベリャコーヴィッチ氏が演出した「マクベス」は、V・ベリャコーヴィッチ氏が急逝した後、ユーゴザパト劇場の芸術監督であり、今作で演出補を務める0・レウシン氏が後を引き継ぎ今回の公演へと至りました。

そのため今回の「マクベス」は、劇団東演とロシア・モスクワのユーゴザパト劇場がタッグを組んで上演する作品となっていて、ユーゴザパト劇場から来日したキャスト・スタッフが、東演のメンバーと共演します。

1.1 劇団東演とロシア演劇界との交流

劇団東演は、1981年、当時のソ連の代表的演出家、A・エーフロス氏を招きチェーホフの「桜の園」を上演。

翌年には「ナターシャ」と続き、4年間にわたる日ロの演劇交流を行ってきました。

その伝統がベリャコーヴィッチ氏との「ロミオとジュリエット」「モリエール」に受け継がれ、 1996年には「ロミオとジュリエット」でモスクワ、ペテルブルグ公演に発展し、その後、2004年にもベリャコーヴィッチ演出の「どん底」でモスクワ、 ペテルブルグ、ニジニノブゴルドで公演を行っています。

ベリャコーヴィッチの世界「どん底」part1

1.2 マクベスあらすじ

反乱軍との戦いに勝利したマクベスは、ともに戦ったバンクォーと息高く国王・ダンカンのもとにはせ参じる途中、三人の魔女たちに出会います。

魔女たちは、マクベスはコーダーの領主となり、やがて国王になる運命にあると予言。

そして「正義は悪、悪は正義!」と呪文を口にしながら消えていってしまいます。

マクベスは、思いもしない不気味な予言に動揺しながらも、あり得ないことと一笑に付し、国王・ダンカンへの戦勝報告のために急ぎます。

しかし事態は魔女たちの予言通りに推移していきます。

戦いの功により国王はまずコーダーの領主にマクベスを任じたのでした。

「魔女どもは真実を知っていたというのか!ということは・・・・」。

驚くマクベスは夫人に事の成り行きを話してみます。

「それは予言よ・・・・きっと運命がそう約束したの。だって運命は気まぐれにあなたの頭に王冠を載せたりしない筈。忘れないで、その王冠をご自分の頭に載せるのはあなた自身だってことを!」

運命の扉はマクベスに一体何をもたらすのか?。

最初から最後まで魔女たちにより、マクベスをはじめ登場人物はその運命を操られていき、人の力では抗することができない定めを見事に表現していきます。

1.3 制作スタッフ及び出演キャスト

【スタッフ】

原作/W・シェイクスピア

翻案・演出・美術・衣裳/V・ベリャコーヴィッチ

翻訳/佐藤史郎

演出補/O・レウシン

舞台監督/相川聡

制作/横川功

【出演キャスト】

マクベス      能登剛

マクベス夫人    奥山美代子(文学座)

バンクォー     豊泉由樹緒

フリーアンス(息子)三代陽輔

ダンカン(国王)  島英臣(俳優座)

マルコム(息子)  大塚航二朗(無名塾)

アンガス、門番   星野真広

メンティース    阿部航平

レノックス     原野寛之

ケイトネス     蓮池龍三(バオバブ)

ロス        奥山浩

兵士            小泉隆弘

マクダフ      南保大樹

マクダフ夫人    岸並万里子

娘         三森伸子

刺客        M・インチン(ユーゴザパト劇場)I・スキツァン(ユーゴザパト劇場) 上村遥

魔女        E・オフチンニコフ(ユーゴザパト劇場)A・ナザーロフ(ユーゴザパト劇場)清川翔三 藤本稜太(フリー)

1.4 公演概要

Back Stage of「マクベス」#1

【劇場】

東池袋・あうるすぽっと

■地下鉄・有楽町線[東池袋駅]6-7出口直結

■JR[池袋駅]東口から徒歩約10分

【公演スケジュール】

2021年12月
15日(水)  18:30~
16日(木) 13:30~
17日(金)  18:30~
18日(土) 13:30~
19日(日) 13:30~

(開場は各40分前)

[上演時間は休憩入れて2時間45分]

【チケット】

一般/5500円

シニア/5000円(65歳以上)

u25/3000円(25歳以下)

プラスワンチケット/16500円(3名のグループで+1名ご招待)

【お申込み&お問い合わせ】

劇団東演

★TEL/03-3419-2871

★MAIL/info@t-toen.com

チケットは上記電話番号にて月曜~土曜10:00~18:00。

またメールで予約の場合,下記の項目を記載して送付。
①氏名  ②住所  ③電話番号  ④ご希望の日時  ⑤券種  ⑥枚数

2.まとめ

今回、劇団東演創立60周年記念公演として上演される「マクベス」は、音・光・テンポ・独特の群舞などが斬新で、ロシア人と日本人の男性が演じる奇妙に生々しい魔女が、強烈な印象を与える作品となっています。

大胆に舞台演出されたマクベスを、是非お友達とご一緒にお楽しみください。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

【おススメ関連記事】

NBAバレエ団による「ロミオとジュリエット」公演

TRUMPシリーズ最新作のミュージカル「ヴェラキッカ」公演

宝塚歌劇宙組公演による「プロミセス、プロミセス」

池袋西口公園にてクラシックの夕べ、ライブコンサートで憩いのひと時を

夢と希望あふれる新年にニューイヤーコンサートを