サンシャインで癒しの足湯に浸かり落語を楽しもう

サンシャインシティの噴水広場で癒しの足湯と落語を楽しむイベントが開催されます。

これは是非行ってみたいですね。

スポンサーリンク

1.さんしゃいんの湯2023

足湯に浸かりながら落語も楽しめるイベント「さんしゃいんの湯2023」が、サンシャインシティの噴水広場で2月3日から5日まで開催されます。

会場では、銭湯をイメージした巨大なのれんを4階の吹き抜けからつり下げ、富士山などのペンキ絵を628インチのビジョンに映しだす演出をします。

上の写真は、昨年度に設けられた大のれんと大ビジョンです。

こりゃすごい。

畳のシートを敷いたステージの上では、果実や入浴剤を入れた足湯やこんぶ湯など数種類の足湯が楽しめます。

1度足をお湯に入れると、気持ち良くてずっと入れておきたくなってしまいます。

また現在15軒ある豊島区の銭湯を紹介するマップや、2022年にリニューアルオープンした豊島区の銭湯も紹介。

さらに、会場で配布される引換券を持って豊島区内の銭湯へ行くと先着で入浴剤がもらえる豊島区浴場組合との連携施策も実施します。

1.1 足湯に浸かりながら落語も

今回のイベントでは、足湯に浸かりながら落語も楽しめちゃいます。

2月4日の13時と15時には、豊島区在住のはなし家・三遊亭ぐんまさんが落語を披露してくれます。

三遊亭ぐんまさんは、修業時代に椎名町近辺の銭湯に林家彦三さんとよく行って、二人で熱く落語の魅力を語っていたそうです。

落語の演目によく銭湯がでてくるように、銭湯と落語は相性が良く、地域の健康やコミュニケーションを支える銭湯の良さを知ってもらおうと、落語イベント「銭湯寄席」を実施する銭湯も多いそうです。

池袋近辺では、西池袋の妙法湯で以前開催したことがありましたが、大評判でした。

足湯に浸かりながらの落語、是非聴いてみたいですね。

2.まとめ

冷え性を改善しリラックス効果もある足湯。

足先からぽかぽか温まってほんのり気分に。

さらにぽっかぽっか気分で落語も楽しめちゃう。

これは是非参加してみたいイベントですね。

入場無料ですが、会場にはスペース上の制限があります。

落語の開催される2月4日には、かなりの混雑も予想されますので、早めに会場に行ったほうがよさそうですね。

【開催概要】

【イベント名】さんしゃいんの湯2023

【開催場所】 サンシャインシティ噴水広場

【開催期間】 2023年2月3日(金)~2023年2月5日(日)

*三遊亭ぐんまさんの落語は、2月4日の13時と15時から

【開催時間】10:00~19:00

【問い合わせ】03-3989-3331

【アクセス】池袋駅東口より徒歩約10分。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク

【おススメ関連記事】

池袋の憩いと寛ぎのスポット空中庭園

池袋西口の人気のリラクゼーション・スポット「かるまる 池袋」