池袋でおススメの本格ネパール料理店ガルアーガン

いつも私のブログに訪問頂きありがとうございます。

今回は池袋の本格ネパール料理店ガルアーガンのご紹介です。

最後までお読み頂けますとうれしいです。

スポンサーリンク

今日はランチに本格的ネパール料理店「ガルアーガン」に行ってきました。

以前この店の前を通り、ランチの案内看板を見て今度食べてみようと思っていました。

お店は丸井の裏手のビルの5F。

店内に入るとネパール情緒たっぷりの装飾絵画がいきなり目を引いてきます。

左手後方に白くそびえるのはエベレストでしょうか。

ネパールの伝統的な仏教寺院です

ネパールの民家

写真は撮り損ねましたが、私のテーブル席のすぐ左手には、カラオケ用のステージのような場所がありました。

ディナーでは、みんなでお酒を飲みながら、ネパールの伝統音楽をカラオケで楽しむのでしょうか。楽しそうです。

私がいた時にPGMでかかっていた曲もネパール情緒たっぷりの曲でした。

Siraima Sirbandi | Nepali Movie How Funny Lyrical Song | Priyanka Karki | Melina Rai | Lyrical Video

店内をぐるりと見渡した後、ネパール人の女性店員にランチメニューの中からタカリセットを注文しました。

店に入る前からこのタカリセットに決めていました。

カレーはチキンかマトンが選べるのでマトンに、そして辛さは普通でお願いしました。

しばし待つこと6,7分でタカリセットがテーブルに。

このタカリセット(Thakali Khana set)は、伝統的なネパール料理で、サラサラした食感のインディカ米と豆スープが特徴となっています。

カレーや豆スープ以外にも、ネパールの漬物、青葉炒め、ババデユ(PaPad)が添えられています。

ババデユ(PaPad)とは、極薄のクラッカーのような食品で、ネパールでは伝統的な家庭料理として親しまれているそうです。

ライスはお替りできてお値段は850円(税込み)とお手頃価格。

インド料理でよくあるカレーとライスまたはナンだけというランチに比べたら、バラエティある食材でマトンカレーも美味しく満足いく内容でした。

ネパール料理にもたいていカレーが添えられますが、ナンはめったにつかないようです。全体的に味はまろやかで薄味のさっぱり系です。

野菜や豆などの食材も多く、想像以上にヘルシーな料理と言えます。

私には特にネパールの伝統的な豆スープが美味しかったです。

欲を言えば、表の写真では青葉炒めなどはたっぷり盛り付けられているけど、実際にプレートに盛り付けられてきたのはほんの少量でした。

でも厳しいこのコロナ禍の中で必死に耐えながら営業していることを考えると文句など言えません。

むしろこういった美味しい本格料理をお手頃価格で提供しているお店は、何とか応援してあげたい。

そんな想いで会計をすまし、家路に急ぐことにしました。

【店舗情報】

【店名】本格的なネパール料理 ガルアーガン (Ghar Aangan) 

【住所】豊島区西池袋3-29-4 ジェストセブンビル 5F

【TEL】 050-5457-1102

【アクセス】池袋駅西口より徒歩5分。マルイの左手のキンコーズ・池袋西口店の路地の先の右手ビル5F

最後までお読み頂きありがとうございました。

Let’s enjoy Ikebukuro!!

スポンサーリンク